top of page
 ラックヘルスケア株式会社 

SALJOL​

Carbon Rollator​

​Premium カーボン歩行車

​サルジョル

SALJOL サルジョル プレミアム カーボン歩行車

​”ココロ”踊る外出をサポート
 


Designを味方に​

SALJOL サルジョル プレミアム カーボン歩行車
SALJOL サルジョル プレミアム カーボン歩行車

​Lighten your heart,and invite you outside.


でかけたくなる
3つの魅力

SALJOL サルジョル プレミアム カーボン歩行車
SALJOL サルジョル プレミアム カーボン歩行車
SALJOL サルジョル プレミアム カーボン歩行車


使いやすさを追及すると
シンプルにたどり着く


そのこだわりは
細部まで


★1分でわかる動画★​


★ ギャラリー ★


仕様/サイズ等

サルジョル Saljol 仕様/スペック表
大容量のバスケット

バスケット

①寸法

横幅(前方):25㎝

横幅(後方):33㎝  

奥行    :14㎝

深さ    :27㎝

②耐荷重  : 5㎏

容量   :約10ℓ

SALJOL サルジョル 本体
SALJOL サルジョル 本体


サイズの目安

◆身長の目安

ロータイプ:

155cm~175cm程度

 

ハイタイプ:

170cm~190cm程度

◆座面の高さ

ロータイプ:54cm

​ハイタイプ:62cm

※立ち上がりやすさを優先し、少し高めの座面設計になっています。

◆計測する

直立した姿勢で立ち、床面から手首までの高さを測ります。その高さをハンドル高さでカバーできるタイプをお選びください。

テーブルに手をついて体を支え、その高さを目安として選定することも現実的な方法です。アップライトな姿勢を保持することをイメージして高さを設定するとGoodです♪

◆ハンドル高さ

​ロータイプ:76~88cm

​ハイタイプ:83~103cm

ハンドル高さ目安


名前の由来

 

”生きる喜び”を表す言葉を、ドイツ語では”Spaß Aus  Leven”、英語だと”Joy Of Life”と表します。ユーザーが生きる喜びを得られることを願い、その頭文字をとってSALJOLと命名されました。これがPremiumカーボン歩行車サルジョルの名前の由来です。

​デザインを味方にして、ココロ躍るような素敵な出会いと体験をたくさんしていただきたいと願っています。


おすすめポイント

 

おでかけセレクションサポートチームの中村です♪この商品は2020年に日本に上陸し、介護保険のレンタルを中心に展開してきました。その経験の中から、これまでにご好評いただいたポイント等を簡単にご紹介させていただきます。

① 便利☆彡

からだを支えてくれる道具ではありますが、同時にステッキや荷物を持ち運べる点も秀逸です。ステッキを持って、荷物も持ってというのは、なかなか大変なんです。SALJOLは大きなショッピングバッグとステッキホルダーを標準装備しているので実用的でとっても便利とご好評いただいています。

② いつでもどこでもスグ座れる♪

座面がついていて、出先でもすぐに座れる環境を確保できます。歩けても、”歩き続けることが”辛かったり不安だったりする方々がたくさんいます。お散歩途中でちょいちょい座る。お気に入りの場所や風景があればそこで座って一息。ちょいと座ってご近所さんと世間話。座れる場所を負担なく持ち歩けるメリットはとっても大きいです。

③ 座りやすい、立ち上がりやすい

SALJOLの座面高は少し高いです。ロータイプ54cm、ハイタイプ62cm。長時間座るには不向きですが、その分立ち上がりにも座ることにも負担が少なく行えるというメリットがあります。低い座面に腰かけてしまうと、立ち上がる負荷がかなりかかりますし、座るときにもドッシーンとなってしまう方もおられます。腰は重たいモノなのです。以前、変形性膝関節症で膝の曲げ伸ばしが辛くて困っていたお客様が ”とっても助かる~♪” とおっしゃってくださいました。立って、座ってが楽に行えることは、立ちっぱなしや歩きっぱなしを避けることにつながります。

④ カッコいい♪

数ある歩行車や歩行補助車の中で、圧倒的にカッコいい!これはご利用者の方々からも、福祉用具専門相談員さんからもよくいただいた誉め言葉です。身につけるものにこだわりをもち、いつまでもカッコよく、素敵でありたいと願う方々の心を満たしてくれるデザイン性に優れた商品です。カラーも自動車好きが多い現代のユーザー層に大変人気のあるブリティッシュ・グリーンです。​落ち着きがあり、上品で教養が高い方々が好むカラーリングです☆彡”昔の愛車と同じ色♪”そう言って導入してくださったお客様もおられました。

⑤ カーボン製

軽くて強いという実用性はもちろんのこと、何といってもその質感が最高です♪アルミやスチール製の商品とは一線を画す!といった感じでとにかく目を引きます。10年前にイタリアからカーボン製の車いすを輸入しようとしましたが、定価100万円を超えそうでした。カーボン製の福祉用具が現実的な価格帯提供できるようになってきて嬉しく思います。

◆ あるリュウマチのお客様

まだ杖歩行が十分可能なお客様でしたが、SALJOLをご導入いただきました。リュウマチの方は関節に負担をかけると関節が壊れてしまうリスクが非常い高いとのことで、手を守るために早めの歩行車導入をご検討されていたとのことです。毎日の生活で最も大切なことは食事。いつまでも自分の手で食事をとってほしいから、歩行や移動のために手を壊したくない。同伴された娘さんがそう話しておられたのが非常に印象的でした。限られた残存機能を何のために使うか?用具を選ぶ際に忘れてはならない大切なポイントを実感させられました。ギリギリ勝負ではなくて、常に余裕をもって一歩先の用具を選択する。そうすることで結果的にトータルのQOLを高めることにつながっていくと思います。



”ワクワク”することを探しに、でかけよう。

​Let's go out looking for something exciting.

 

SALJOL サルジョル プレミアム カーボン歩行車


Fascinating rollators​​​

13.jpg

​Walky+ART

​Flower

2.jpg

​Walky+ART

​Leopard

1.jpg

​SALJOL

Carbon rollator​

All rights reserved by LAC HEALTHCARE LTD.

bottom of page